チューニングがあってない時、フォームと弾き方を振り返る!5つのポイント

フォームと弾き方を振り返る ・ギターは弾き方のピッキングのストロークが、甘く、弱いとチューニングが悪く聞こえます。 ・またアーム付きのギターは、ブリッジが固定されてないので、強く弾き過ぎたさい、ブリッジが内側に倒れ(ほん 続き/Continue Reading →

メンテナンスされてないギターの特徴

メンテナンスされてないギターの特徴 調整が微妙なギターは、チューニングのさいピッキングしたアタック音は、 チューニングメーター上音程がぴったりでも、 そのまま音が減衰するまで鳴らしていると、音程が下がっていきます。 その 続き/Continue Reading →

ソロを気持ちよく弾くために絶対必要な【オクターブチューニング調整】

オクターブチューニングがあってるか確認しましょう。 開放弦のチューニングが合っていても押弦すると音程が合っていない。 12フレットのハーモニクスの音程ががあってない。 どんなに早弾きしても、技術があっても説得力に欠けます 続き/Continue Reading →

弦を張り替えた時の【絶対必要な実戦テク】

弦を張り替えた時の基本ポイント 「このギター、チューニングあわせても弾くとすぐ狂ってしまうんです。」 という、ご意見があります。 ギターの弦を張り替えた時に、弦はしっかり伸ばしましょう。 ぎゅん!ぎゅん!引っ張ってくださ 続き/Continue Reading →

チューニングが整っていない【上手いモノも上手く聴こえない残念な理由。】

[バンドの技術面3つのポイント] 1,リズムの縦をそろえる 2,音作り 3,チューニング(ピッチ) この3つが整うと、バンドが音楽になります。 3.チューニング とにかく、チューニングが整っていませんと、 残念な事に上手 続き/Continue Reading →

マルチエフェクターの音作りのポイント!

エフェクターでの音作りのポイントは、 「これでいいか!」って作った音から エフェクトの成分を10~20%減らす!! 特に、 歪み系は、自分が弾いて気持ちいいなぁ~~から、 15~20%くらい歪み成分を減らす。 高校生男子 続き/Continue Reading →

バンドが格上に聴こえるポイント!上手な音作りの基本

バンドが格上に聴こえるポイント技術面3つのポイント   1,リズムの縦をそろえる 2,音作り 3,チューニング(ピッチ)   この3つが整うと、バンドが音楽になります。 2.音作り   音作 続き/Continue Reading →