チューニングがあってない時、フォームと弾き方を振り返る!5つのポイント


967617_14367826

フォームと弾き方を振り返る

・ギターは弾き方のピッキングのストロークが、甘く、弱いとチューニングが悪く聞こえます。

・またアーム付きのギターは、ブリッジが固定されてないので、強く弾き過ぎたさい、ブリッジが内側に倒れ(ほんの少し一瞬)チューニングがシャープし、変化して聞こえます。

・左手のコードの握りが甘くても、綺麗に響きませんので、違う倍音がでてしまい音が濁ります。

・ブリッジミュートで刻むさいも右手側面の乗せる位置がネック側付近に、なればなるほど、音が、シャープしてしまいます。

・コードダイヤグラムがフレットとフレットの真ん中にポジションが記されてので、フレットとフレットの間の指版の真ん中を押さえてる方を、お見かけします。フレット近くを押さえましょう。
コードGでしたら、2フレットと3フレットの真ん中ではなく、3フレットよりをおさえます。

アーム付き、アーム無しギター。
ミュートしたつもり、ミュートできてない。
フロントピックアップ、リアピックアップでのストロークする位置。

微妙なところですが、

弾いたつもりにならないよう、自分の耳と感覚を信じ、
細かいところに丁寧に目を向ける事が、
チューニングする上で大切だとお伝いしたいのです。

続く↓

1,チューニングが整っていないと、 残念な事に上手いモノも上手く聴こえない。
2,弦を張り替えた時の基本ポイント
3,オクターブチューニングがあってるか確認しましょう。
4,メンテナンスされてないギターの特徴
5,チューニングがあってない時、フォームと弾き方を振り返る!

【お勧めギターメンテナンスショップ】
TSC ティーエスシー
JetONE ジェットワン
ESPテクニカルハウス 御茶ノ水テクニカルハウス