拠点を決めればバンドのプッシュもされる!?初ライブをするのにピッタリのライブハウス!

バンド結成後の大きな1歩であるライブ!但し、どのライブハウスでも出演が出来るわけではありません。昔の様にオーディションをするハコは減りましたが、ある程度の規模を持つライブハウスは集客力や金銭事情、コネなどが必要になる場合も。今回は初ライブ以降も拠点として活動出来るライブハウスをご紹介します!

1.HOLIDAY SHINJUKU

新宿歌舞伎町にあるこちらは2004年にオープンし、今現在インディーズのマイナー〜中堅バンドが活躍する場になっています。
主催ライブをするバンドも多くセッションイベントやバンド以外にもアイドルのイベントなども増えてきています。
現在の店長も元ヴィジュアル系バンドの方で、バンドに関する的確なアドバイスをくれたり交流を深めればイベントへのお誘いもしてくれます。
2013年から年に1度行われる、「Silverfest」というサーキットイベントはここの店長さんの企画で、近隣にあるライブハウスと同時開催しているのでまずはこのイベントに出演する事を目標にするのもいいでしょう。
キャパとしては最大450人収容。
こちらを埋められる集客力があれば次へのステップともなります。
ステージも広く都内近郊のライブハウスの中では非常にやりやすい場所です。
また名古屋と大阪にも系列ライブハウスがあるので、ここを拠点にすれば初ツアーも組みやすいかもしれません。

HOLIDAY SHINJUKU
http://live-ban.com/shinjuku_h/

2.渋谷REX

2011年11月のオープン以来、若手のビジュアル系バンドにとっては登竜門的なハコとして有名。
若者文化の発信地である「渋谷」から次世代のヴィジュアル系バンドを育成し、輩出したいという思いから作られた道玄坂にあるライブハウスです。
また客席からは非常に見やすく中も綺麗で、キャパは250人〜最大300人収容可能。
300円ロッカーと500円クロークも完備しているのはお客さんにとっても嬉しい所でしょう。
新人発掘イベントである「渋谷魂VR」を始め若手にとって目標にするイベントを精力的に開催する活気に溢れたライブハウスです。
系列は各地に店舗を展開するRUIDOグループです。
近年では新宿に800人収容できるRENYをオープンしており、REXを拠点とし第一歩とすればいつか大きなハコへと繋がる架け橋になるかもしれません。

渋谷REX
https://ruido.org/rex/contents/rex-access.html

3.池袋BlackHole

池袋2009年の8月にオープンし、今年で10周年を迎えるライブハウス。
キャパは250人ほどで正方形型のハコなので非常に見やすく、若手バンドも多数出演している人気の場所です。
楽屋は少々狭く、ステージの高さも低いですがお客さんとの距離が近いのでダイレクトな反応を見られます。
前線で活躍している知名度の高いバンドも今だに出演していたりするのでハコ側のプッシュがあれば対バンする事も不可能ではありません。
また店長さんは他ジャンルとの繋がりが多く、既に活休となってしまったカリスマ的ラウドロックバンド「Pay money To my Pain」がコケラ落としをしたのも話題になりました。

いかがでしたか?
都内には沢山のライブハウスがありますが、2000年代に出来た代表的なライブハウスをご紹介しました。
自分で足を運びここで演奏してみたい!ここを拠点に活動したい!という思いがある場所を選ぶのが一番だと思います。