本気で歌のレベルアップがしたいボーカルがやっている歌が上手くなる方法

本気で歌が上手くなりたい人は、沢山練習しているでしょう。
ネットや本などで歌が上手くなる方法を調べたり、ボーカルレッスンやボイストレーニングに通うなど、様々な方法を試しているでしょう。
そこで、本気で歌のレベルアップをしたいボーカルに、歌が上手くなる方法をご紹介します。

歌が上手くなるための練習方法とは?

歌が上手くなりたい!と思って、一生懸命練習に励んでいると思いますが、どんな方法で練習をしていますか?
上手になりたい曲を何度も聞いて覚えて、カラオケで何度も何度も歌って練習していませんか?

よくある練習方法

上手くなるためには、繰り返し歌う事は必要です。
しかし、ただ何度も歌うだけでは、一向に上手くなる事は出来ません。
残念ながら、歌が上手くなるための正しい方法とは言えません。

歌が上手な人の練習方法 : 聴く事を意識する

歌が上手いボーカルは、聴く事が出来ます。
正しい音程で歌うためには、正しい音がわかる必要があります。

  • 音程が外れている事に気づかない
  • 自分の歌のレベルがわかっていない
  • リズムが取れていない
  • キーが変わると音が取れなくなる

以上の4点に当てはまるという方は、音が聴けていない可能性があります。
まずは、正しい音程で歌うために、音を聴く事に意識をしてみましょう。
自分の歌を録音して、プロのボーカルと比較してみて下さい。
音の違いがわかれば、自分の問題点が見えてきます。
また、バンドのボーカルは、常に生演奏の楽器と調和する必要があります。
生演奏は、常に音が一定であるとは限りません。
バンドのボーカルは、ソロのボーカルと比較すると特に、楽器の音を聴く力が非常に重要となります。
音を聴くことを意識する事は、ボーカルとしてまた更に歌が上手くなるためには、必要不可欠と言えます。

歌が上手な人の練習方法 : 自分の問題点を明確にする

歌がうまくなるためには、

  • 良いところを伸ばす
  • 悪いところを改善する

この2点に注目してみて下さい。
まずは悪いところの改善をしなければなりません。
その為には、自分の問題点を明確にする必要があります。
前項でお話した通り、音を聴くことが出来るようになる事で、問題点が見えます。
問題は何なのかが具体的に見えてきたら、また一歩前進です。

歌が上手な人の練習方法 : 基礎を反復練習

歌が上手くなるためには、まずは発声からしっかりと練習を行いましょう。
ボーカルに限らす、とにかく基礎がしっかりしていなければ、上に行く事は出来ません。
歌が上手い人は、基礎練習をしっかりと行っています

腹式呼吸
①お腹にたっぷりと息を吸い込みます。肩の力を抜いて、お腹が膨らむくらい、たっぷりと息を吸います。
②お腹にたっぷりと吸い込んだ息を、ゆっくりと吐きだします。
スーという発音で、お腹に意識をしながら吐きだしましょう。

歌う時には、ドラムやベースなどの音をしっかりと聞きながら歌う事を意識する。
また、リズムを体に入れながら歌う。

歌が上手くなるための切り取り練習法

まず、「上手く歌えるようになりたい曲」を1曲選んでください。
その時に重要な事は、自分のレベルに合った曲を選ぶ事です。
ちょっと難しいけど、頑張って練習すれば出来るようになるレベルの曲を選んでみて下さい。
選曲が出来たら、やる事は次の4つです。

曲を真剣に聴く(各楽器ごとに注目!)

繰り返しになりますが、歌が上手くなる方法として大切な事は、曲を聴くことです。
ここでは、各楽器ごとに真剣に聴くという事を行って頂きたいと思います。

まずは、リズムに注目しましょう。
ドラムやベースなどのリズム隊の音をよく聞いて、体に音を入れて行きましょう。
次に、リズム隊以外の楽器であるギターやピアノなどの音との調和や流れをつかみましょう。
少し難しいのですが、これが出来ればボーカルを乗せやすくなります。

歌い方を分析しながらよく聴く

またまた、聴く事になりますが、ボーカルがどのように歌っているのかをよく聴きましょう。
楽器の演奏をしっかりと聴くことが出来ているはずなので、その上でボーカルがどう歌っているのかを改めて聴いてみると、今までと少し違って聞こえてくるはずです。

切り取り練習を行う

ここでやっと、切り取り練習が出てきました。
気になる部分を切り取って、何度も何度も聴いて真似してみましょう。
真似してみると言っても、ものまねをする事とは異なります。
歌が上手い人のテクニックを真似してみるのです。
気になるフレーズの部分を切り取って、声の使い方や、歌い方の表現方法などの真似を繰り返し行いましょう。
そして、切り取り練習を行う事で、テクニックを盗みましょう。

切り取り部分をゆっくり練習する

初めから上手に歌えれば練習しなくてもいいので、切り取り部分はゆっくりと何度も練習しましょう。
最初からオリジナルと同じテンポで歌える必要はありません。
歌いまわしが難しい部分であったり、アップテンポの曲であった場合には、自分が歌いやすいように、ゆっくりとしたテンポから練習を始めましょう。
上手になってきたら、少しずつテンポアップして、オリジナルのテンポに近づけて行きましょう。
ゆっくり、丁寧に、確実になるまで繰り返し練習して、固めていって下さい。

まとめ

歌が上手くなる方法をご紹介しました。
とにかく、歌が上手くなる方法で一番重要な事は、よく聴くという事です。
上手な人の歌、そして楽器の演奏やリズムなどをよく聴いて、体に入れる事が大切です。
次に、反復練習です。
気になる部分、苦手な部分を切り取って反復練習すれば、必ず上達することが出来ますよ。