ガールスバンドオーディションに合格。脱退のさい、CD制作費を請求されたバンド女子

ネットのメンバー募集からのバンド加入

ネットのメンバー募集で知り合い、スタジオでコピー曲等セッションし、メンバーとしてバンド活動を始める事になります。
たまたま、自分の曲が認められ、そのバンドの曲を作詞曲担当する事に。

リーダーが6〜7年上で、その手の知り合いも多く、インディーズ系の事務所で、ほとんど自主活動に近いが、少し面倒見てもらう事になり、2曲レコーディングすることになります。

レコーディング費用は、リーダーから「大丈夫、大丈夫!手売りでなんとかなるから大丈夫」といわれ、ラッキーと思い、何も気にしていなかった。

自主ライブツアー

874092_97353622

ほどなく、夏休みを利用して、ミニツアーという事で、メンバーでバンに乗って、数カ所、大阪、名古屋等ライブツアーを行いました。

ライブツアーを終え、赤字なのでとリーダーから4万円請求された。ちょっと疑問に思いながらも、「そんな事だったら、ツアー行く前に先に言って欲しかったんぁ〜。」くらいな気持ちで、無理すれば支払え無くもない金額なので支払った。

バンドへの参加からここまでの期間が、5,6ヶ月とスピード展開なのだが、ライブを行うたびに、他メンバーのパフォーマンスや技術的なところを、ライブハウスや、知り合いから指摘され、彼女はバンドに対して温度も下がりはじめていた。そんなちょっと足踏み状態の時、ガールスバンドメンバー募集のオーディションの話がやってきた。

大きな決断

414382_9329

オリジナルバンドをやりながら、そのガールズバンドはサポートとという形でできそうということなので、オーディションに参加してみたら、順調に話が進んでいきます。
そのオーディションに、一次、二次審査と進んでいる時、実はもっと力強い形で、活動できるガールスバンドのメンバー募集の話があるので、そっちの方を受けてみないかと、担当者に勧められ、条件的にも納得できる内容という事もあり、もう一つのメジャーガールズバンドのオーディションも受けることを決断した。

実演審査、有名なプロデューサーの最終審査、と話は進んでいき、メジャーデビューは確実なものに進んでいく。

ここまで、確実に音楽を生業にできる環境が整うと、自分の覚悟も決まり、バンドを辞める事を決意、メンバーに脱退希望の話をした。

するとリーダーから、脱退するとなると、先日録音したCDを売る事ができないので、レコーディング費用14万円払ってくれと言われた。

また、中途半端な金額。

彼女は結局、そのCDの売り上げはいらないということで、バンドを去った。

何故ほぼ全額に近い金額を彼女に請求するのか?

よく考えると、彼女が辞めるだけで、他のメンバーだって録音しているのに何故、ほぼ全額に近い金額を彼女に払わせるのか?メンバーの入れ替わりなんてよくある事。手売りでレコーディング費用はなんとかなるんで!なんて、安易な考えでと、無計画なバンド運営。

彼女がメジャーでデビューするとなると、CDの曲は、彼女が作っているので、メジャーになった彼女のファンは欲しがるし、デビュー前のレアなCDになると思うので、彼らがバンドを続けてていれば、物販でもさばけ無い訳でもないわけです。しかも彼女はそのCDの売り上げはいらないと言っている。自主制作なので、JASRACも何も無い。一歩先に考えれば、揉める必要は無いというところだ。

しばらくして、彼女が脱退したことで、バンドは解散したらしい。

現在、彼女はメジャーでデビューし、そのガールズバンドでバンマスになり、ほぼそのバンドの曲を書き、年間何百本も近いライブ、レコーディングし、音楽業界で活躍しています。