ライブに付き物のチケットノルマとは?気になる平均ノルマは?

ライブに付き物のチケットノルマとは?気になる平均ノルマは?

「ライブハウスからバンドに課せられる、最低チケット販売枚数の制約」のことをチケットノルマと言います。言葉の意味自体をご存じの方は多いと思いますが、ここでは「ノルマの平均」についてもお伝えしていきます。「バンド活動をしていて、そろそろライブをやりたい」とお考えの方はぜひお読みください。

チケットノルマとは?ノルマの平均は?

ライブハウス側から出る「チケットを○枚売ってください」という取り決めの事を、「チケットノルマ」と呼びます。

そして

ちょうどノルマの枚数分売る→差し引き0

ノルマを超えて売る→その分の報酬が出る

ノルマをクリアできない→残ったチケットをバンド側が買い取る

という事になります。

ちなみに、チケットノルマの平均は、

1500×20枚~2500×20枚(35万円)」くらいだと感じます(あくまで平均ですから例外もあります)。

まだ一度もライブに参加した事がないバンドメンバーさんであれば、「20枚くらいなら楽勝では?」と感じるかもしれません。ですが、実際には大半のバンドがノルマを達成できず、チケットを自分たちで買い取りながらライブに参加しています。

「この人達の演奏を生で聴くためにお金を払ってもいい」とまで思ってくれるファンを増やすのは難しいという事ですね。

チャージバック割合とは?その平均は?

「売れるバンド」になってくると、先ほど解説した「ノルマを超えて売った分の報酬」を獲得できるようになります。

(もっと売れてくると、チケットノルマがないライブや、最初からギャラが出るライブに参加できるようになるかも!

ですがノルマを超えてチケットが売れても、その全てがバンドの報酬になる事はあまりありません。

そして、「チャージバック割合」が50パーセントなのであれば、「ノルマを超えて売れたチケットの合計金額×チャージバック割合」がバンド側の報酬となります。

例えば、チケットノルマが「2000×20枚」で25枚売れて、チャージバック割合が50パーセントなのであれば、「(2000×5枚)×0.550パーセント)=5000円」がバンド側の報酬となります。

ちなみに、チャージバック割合に関しては「平均」と言えるほど幅が狭いわけではなく、

30100パーセントくらいとなっています。

ただ、私が知る限りでは「50パーセント」の場合が多いですね。

30パーセントとなると、ライブハウス側が70パーセントも持っていくわけですから、なかなか辛いものがありますね……

観客が0人でもライブハウスは困らない!

チケットノルマが「2000×20枚」のライブがあったとしましょう。

このとき、チケットを1枚も捌けなかったとします(普通にあり得ることです)。

「観客がいないんじゃ、ライブハウス側も困るのでは?」と感じるかもしれませんが、そんな事はありません。

「売れなかった20枚」はバンド側が買い取ってくれますから、2000×20枚=40000円の利益は最低限確保できます。

こういった事情がありますから、「観客が入ろうが入るまいがどうでもいい」と考えているライブハウスさえ存在するようです。

彼らが考えるのは、「とにかくライブをやりまくって稼ごう」という事だけです。

ちなみに、そういったライブハウス運営の中には「音楽性に感動しました。ライブに出演していただけませんか?」などの、「コピペメール」を手当たり次第に送っているところも少なくないようです。

その誘いに簡単に乗るようでは、「ライブハウスに搾取されるだけ」です。

本当に参加したいと思ったライブだけに出演してくださいね。

チケットノルマ制度が存在するのは日本のライブだけ?

実は、日本以外でライブハウスにおけるチケットノルマが存在する国はほぼないと言われています。

これに関しては、「日本の土地が高く、その土地代を払うため」にチケットノルマがあるという説が存在します。また、ライブハウスのスタッフの報酬、設備費用などもカバーする必要があるため、チケットノルマはどうしても外せないのかもしれません。

とはいえ、「チケットノルマってなんか歪んだシステムじゃない?」と感じた人もいると思います。

何より「ライブハウス側が背負うリスク」と「バンド側が背負うリスク」が違い過ぎますよね。

と言いますか、先ほどお伝えしたように「観客がゼロでもライブハウス側は儲かる」ので、ライブハウス側はほぼリスクを背負っていないと表現できるのかもしれません。

実際、バンドマンの中には「チケットノルマは悪しき風習」だと考えている人も少なくないようです。

これに関する筆者の意見はあえて述べませんが、「なんとなく歪んでいる」と感じるのは確かです。

「良いライブハウス」ももちろんあります

もちろん、「一人でも多くの客を集めて、良い演奏を聴いてもらいたい」と考えているライブハウスも存在します。

そういったライブハウスはノルマに関してクリーンですし、バンド側に対して「協力して素晴らしいライブにしましょう!」という姿勢を示します(稼ぐ事にしか興味がないライブハウスは、この辺りの積極性が全然ありません)。

SNSでの評判やネット上の口コミなどを探りつつ、「良質なライブハウス」を探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ライブハウスからバンドに課せられるチケットノルマの平均は金額にして35万円、枚数で言えば20枚程度です。ほとんどのバンドはこのノルマをクリアできておらず、チケットを自分たちで買い取りつつライブに出演しています。

まずは、SNSや口コミなどから「良いライブハウス」を探す事から初めてみてはいかがでしょうか。

ライブに付き物のチケットノルマとは?気になる平均ノルマは?