バンドマンの【エフェクター購入の良くある流れ】あるある

バンドマンのエフェクター購入の良くある流れ

音作りのセンスの良さ、サウンド面でキチンと音作りに向き合えてるかどうかプレイヤーの力量が出るところ。

1.エフェクターデビュー!オーバードライブディストーション

楽器を始めて1年目、初「歪みモノ」2台目購入を目指しバイトする!

2,ディレイ+ワウ+コーラス 3つ体制

オーバードライブかディストーションもしくはブルースオーバードライブ+ディレイ+ワウ
この3つ購入を機にフェクターボードも購入コーラスが欲しくなる

IMG_2481

3.マルチのほうがお買い得かもしれない!と心が揺れる

このままコンパクトを買い足すか、マルチのほうがお得かもしれない!となり、
一度、マルチも買ってみたくもなりお手頃なME-25もしくはME-70を軽量&持ち運び便利なため購入

4.ちょい高エフェクターブーム到来

file_r17407

出典http://jp.line6.com/dl4/

取扱説明書読むのが面倒とか、使い方があれこれで覚える事も辛くなり、コンパクトに戻る。ちょい高エフェクターブームがやってくる。LINE6のディレイとかワーミーやら、ちょい高ワウ、コンプとか、買いたくなる。
もしくは、BOSS「GT-10」BOSS「GT-100」LINE6等更にマルチエフェクターに進んでみる。

 

コンパクト派、マルチ派と分かれていきます。

BOSS「GT-100」マルチエフェクターの好きなところ

  1. 数字で、表示される
  2. 画面、大きいので見やすいです。
  3. センドリターンを使える。
  4. コーラスや、リバーブにショートディレイがついてるので、FXをディレイに選択し、一度に3つ以上、ディレイかけられます。
image_03_L

出典http://jp.boss.info/products/gt-100/

 

空間系音作りのコツ

  1. フレーズとリンクして考えませんと、音作りが散らかります。
  2. 曲のテンポにあわせて、ディレイタイムをマメに設定しましょう。
BOSS「GT-100」お得ポイント
MacにUSBで繋いでガレージバンドでギター録音!!
☆これが、一番ありがたいです☆

あくまでも、個人の感想です。

ABOUTこの記事をかいた人

ミュージシャン、音楽講師を経て、BANDクリニック、ギターレッスン等行ってます。