バンドのサポートメンバーを見つけるには?ギャラはどうする?

バンドのサポートメンバーを探す手段について紹介していきます。特に「音楽やっている知り合いなんていないしどうしよう」「誘いたい人はいるけど、もうバンドやってるしなあ」という方はぜひご覧ください。また、依頼する時に必ず伝える事になる「ギャラ」に関してはどう考えるべきなのでしょうか。併せて解説します。

バンドのサポートメンバーの見つけ方は主に4種類

バンドのサポートメンバーを探す方法はおおよそ4種類に分けられます。

それぞれのメリット·デメリットを紹介しますね。

1:知り合いに依頼する

·メリット

友人·知人に依頼する場合は、最初から人となりが分かっていますし、基本的に特別な手続きもなくサポートメンバーを任せることができるはずです。

また、今さら演奏の技術などを調べる必要もありませんよね。

·デメリット

「楽器をやっている友達」がいないと成り立たない方法です。

また、「音楽をやっている友人は多いけれど、みんな別のバンドに入っている」という場合も頼めませんよね。

それから「知り合い」という気楽な関係だからこそ、

「雑にサポートメンバーの依頼する→雑にサポートメンバーを引き受ける→後からギャラのことなどで揉める」という事もあり得ます。

近しい関係の人に頼むときほど、細かな条件をシビアに詰めておくべきです。

2:誰かに紹介してもらう

·メリット

「音楽をやっている知り合い」がいなくても成立する方法ですね。

また、「この人ならサポートメンバーとして紹介してもいいだろう」と考えてくれるわけですから、(妙な思惑が入り込まない限りは)演奏技術が低い人や、人柄に問題のある人が来ることもないはずです。

·デメリット

「音楽をやっている知人」がいなくても成り立つことは確かですが、

「『音楽をやっている人』を知っている人」がいなければ無理ですよね。

ですから、結局のところ「全く音楽に関わっていない人」が紹介してくれる可能性は低いです。

また、「はい!この人が私が紹介するサポートメンバーだよ!頑張って頼んだんだよ!」などと言われると断りにくいですよね。

たとえ「ギャラが釣り合わない……」と感じても言い出しにくいかもしれません。

3:インターネット上で見つける

·メリット

「バンド サポートメンバー 募集」などで検索すればいくらでも引っ掛かりそうです。

音楽に携わっている知り合いが全くいなくても、サポートメンバーを見つけることが可能ですね。

·デメリット

ギャラ、音源などをはじめとする「条件」を明記していないと、誰もサポートメンバーとして名乗りをあげてくれません。

また、「いくらネット上でメッセージなどを送り合っても、結局のところ会ってみないと人柄が分からない」という懸念もあります。

特に女性バンドが男性のサポートメンバーをネットで募集する場合は気を付けましょう。

4:サポートメンバー派遣業者を使う (インペグ)

メリット

「バンドのサポートメンバーを派遣してくれる業者」が近年増加しているようです。

ギャラなどの「契約面」も前もって綿密に決めますから問題が起きにくいです。

·デメリット

他の方法に比べるとコストが高くなりやすいです。

1回で2万円以上かかると考えておくべきでしょう。

サポートメンバーを探す前にまとめておくべき3つのこと

1:ギャラなど

  • ギャラ
  • 交通費が出るかどうか
  • リハーサルの回数
  • トータルの拘束時間

などを事前に決めてからサポートメンバーを探しましょう。

言うまでもありませんが、「交通費はこちらで全額出します」というほうが喜ばれます。

2:どのように演奏してほしいか

実は「おまかせします」と、サポートメンバーにほぼ丸投げしてしまうバンドが少なくありません。

それは依頼される側としては非常に面倒です。

また、後からサポートメンバーと揉めて、結局時間がかかってしまう可能性が高いです。

ただ、言葉で説明できる部分は少ないですし、

バンド演奏の録画や録音を観て(聴いて)もらって、「こういうふうにサポートしてほしいです」と伝えるのがおすすめです。

そうすれば、サポートメンバー側からも「ちょっと難しいので、こう変えてみてはいかがでしょうか」などのアイデアが出てくることでしょう。

3:サポートメンバーに渡すもの

  • 音源
  • 歌詞
  • コード譜

基本的にこれらをサポートメンバーに渡します。

コード譜を準備しないバンドが少なくありませんが、

それだとギャラがアップしたり、そもそも断られたりする場合が多いです。

また、「最初からコード譜作成込みでお願いして、ギャラを高めに設定する」というのも良いでしょう。

音源についてはあまり高品質でなくて大丈夫。

「曲の尺」と「なんとなくのイメージ」が伝わればOKです。

依頼は「単刀直入」に行おう

あとは依頼するだけですが、

「ギャラは○○円で考えています」「拘束時間は○時間です」などと言葉を濁さずに伝えましょう。

そのほうが相手も助かります。

また、そうでないと変な探りを入れているように思われて、断られるかもしれません。

まとめ

バンドのサポートメンバーを見つける方法を紹介しました。「友達に頼む」というのが一番気楽ですが、だからこそ「ギャラ」などの部分はきっちり詰めましょう。そうでないと、その後の「音楽以外での付き合い」がなくなるかもしれません。あとは、ネットで見つけたり業者に頼んだりする方法があります。