【音楽映画】デトロイト・メタル・シティ KISSジーンシモンズ出演!あらすじ

ポップな音楽が好きな崇一がいつの間にかデスメタルバンドに!優しく敵の弱い彼がヨハネ・クラウザーII世としてライブをするギャップが見どころで、崇一は果たしてバンドを続けるのか気になっていくストーリー…個性あふれる登場人物や、笑いどこ満載のメタルとポップを楽しめる『デトロイト・メタル・シティ』のあらすじや感想を紹介しましょう。

1.あらすじ

地元を出て東京の大学に入った崇一はポップミュージックの研究会に入り、相川さんや後輩の佐治くんに歌を褒められて「プロになれるよ!」と言われていました。そのため、街で見かけた会社に歌を提出し、大学を卒業して華々しくデビュー…かと思いきや、そのデスレコード社はデスメタルバンドの募集をしていたのです。

崇一の思いとは真逆の死や悪魔をテーマにした狂気のバンド「デトロイト・メタル・シティ」は想像以上にファンが付き、横暴な女社長やバンドを組む他の2人とは全く合わず…「僕がやりたかったのはこんなバンドじゃない!」と崇一は嘆きました。

そんな折、CDショップのタワーレコードにて相川さんと再会。彼女は雑誌の編集者を務め、今でも音楽に携わっているとのことでカフェでお茶をすることになります。しかし、崇一は新曲のトークイベントがあったのに気付き、新曲「グロテスク」のイベント会場に急いで向かい、合間にカフェへ戻る…往復するにつれ”ヨハネ・クラウザーII世”としての化粧や衣装が少し残ったりしつつも、自分だとバレていないか冷や冷やするのでした。

ある日、崇一の部屋に女社長が押しかけて「メタルにハマるよう調教してやる!」と、彼のおしゃれな部屋を破壊!そして女社長が崇一を押し倒したところに、訪ねてきた相川さんが…彼女は「最低!」と言って去り、女社長に部屋をメタルな雰囲気に変えられてしまいました。崇一はその憎悪と怒りを歌詞にした新曲「恨みはらさでおくべきか」を作り、またもヒットしたことで各地方にて音楽バトルを開催することになります。

デトロイト・メタル・シティは東京から博多まで有名なインディーズバンドと戦って勝利を収めながらも、崇一はアコースティックギターと共にポップな歌を路上で歌うのを続けていました。すると、佐治くんが歌っているのを見かけて、その路上ライブを見ていた相川さんに声をかけます。家でのことは誤解だと伝えることができましたが、彼女が他の男と遊園地へ行くと聞いてコッソリ後を追う崇一…そこにライブをしに来ていた佐治くんに見つかりそうになったため、カイザーⅡ世の姿になります。そして、相川さんに見つかってしまい、デトロイト・メタル・シティの音楽を否定されたことにショックを受けるのでした。

崇一は田舎に帰りますが、母に「歌で夢を与えてる。現実は厳しいけど夢見ることは自由だ」と言われたことで自分の夢は叶えられないこと、一方で人に夢を与えていることに気付きました。そして、バンドメンバーからの手紙を見てメタルの世界で有名なジャック・イル・ダークとの対バンに行くことを決意。

新幹線を降りるとクラウザーⅡ世を待ちわびていた信者が迎えに来て共に走ってライブ会場へ。ジャック・イル・ダークと互いに譲らない攻防を繰り広げながらも、クラウザーⅡ世を認めたジャック・イル・ダークはギターを譲渡。観客は喜び、再びデトロイト・メタル・シティが歌い始めるのでした。

2.感想・見どころ

デスメタルの歌や衣装がスゴイ!

「ファック!」を始めとした口汚い言葉のオンパレードが見どころのデスメタル!普段はポップで愛を歌うような詩を作って歌う崇一が、クラウザーⅡ世の姿に変わると豹変するのが面白いですね。金髪のストレート、白塗りで悪魔のような衣装に低音で不気味さもある声色で歌うのがまた良かったです。ライブでは観客にダイブしたり、バンドバトルではダジャレを言い合う対決をしたり…色々なライブや歌を見せてくれました。
一方で、「ノーミュージック ノードリーム!」と掲げる崇一が、路上ライブする姿がルンルンとポップに楽しそう!佐治くんとも2人で歌っていた姿は可愛らしかったのも印象的です。

ラストの熱いライブに注目!

デスメタルで世界的に有名なジャック・イル・ダークが引退するとのことで、そんな彼が「引退前にメタルバンドを潰しに回る」と言ってデトロイト・メタル・シティと戦うラストが凄かった!クラウザーⅡ世が到着するまでカミュのドラムと共にジャギの華麗なギター裁きが披露されており、対するジャック・イル・ダークもクール!ヒラヒラと死神のようにも見える衣装に大柄の彼の頭には2本の角…そして、メタルバッファローをステージに呼ぶという破天荒な姿!

そこにクラウザーⅡ世が到着し、田舎育ちで牛の扱いに長けていた彼は「ベーベー」とバッファローをなだめる…観客は驚きつつも、その後の戦いに沸くのです。ジャックイルダークの得意とする「ファック!」を連呼して歌う戦いが始まり、息継ぎをしないで叫び続けるクラウザーと、指の限界まで弾き続けるジャックイルダークの対決が見どころでしたね。舞台装置や機器の方が先に付いていけなかったのか、大爆発を起こして2人は倒れた…そんな展開が更に熱くなるのがこの後で、クラウザーⅡ世を励ますように「ゴー!トゥー!DMC!」と観客が連呼して呼び覚ますのでした。

ジャックイルダークに認められたクラウザーⅡ世が「後は頼むぜ」と言われて星型のようなトゲのあるメタルなエレキギターを渡されて感動的なライブを見せてくれた…と思いきや、崇一がその姿で「甘い恋人♪」と歌い始めて、観客が吐き気を催すというシーンは笑ってしまうラストでした。

3.まとめ

ポップシンガーを目指していたはずなのに、デスメタルで有名になる崇一のストーリーは笑いも多くて楽しませてくれましたね。そして、相川さんと上手くいくのかな?と思わせながらもコミカルに描き、一方で「夢を与える者、夢を追う者」としての立ち位置と考えを良く表していました。崇一が夢を叶えようとしつつも、佐治くんや相川さんに影響を与え、クラウザーⅡ世としての歌で夢を与える側になっていた…音楽に関わる人生についても学ばされた気がします。
デスメタル好きの観客たちの熱意とそれに答えるデトロイト・メタル・シティのライブ風景が印象に残る映画でした。