女性ヴォーカルバンドが成功するには秘訣があった!絶対知りたい成功する方法

女性ボーカルバンドは沢山あり、競争率の高い世界で成功を収めるのは、ほんの一握りです。
どんなに才能がある人でも、想像もつかないほどの努力を重ねて、成功を収めています。
しかし、いくら才能があり、努力しても成功せずに報われない事もあります。
実は、女性ヴォーカルが売れる為には、秘訣があるのです。

女性ヴォーカルバンドは売れにくい?!

女性ヴォーカルバンドの現実

実は、女性ヴォーカルバンドは売れにくいと言われています。

確かに、バンドは男性ヴォーカルバンドの方が多く、女性ヴォーカルバンドの数は圧倒的に少ないのが現状です。

では、まず「売れる」の提議を考えてみましょう。

例えば

  • 単独ツアーが出来るようになる
  • 誰もが知っている音楽番組に出られるようになる
  • 武道館でライブが出来る
  • メジャーなフェスに出られるようになる
  • 音楽雑誌の表紙を飾る事が出来るようになる

などが挙げられます。

他にも、そのバンドが目標としている物によっても異なるでしょう。

バンド活動とバイトの掛け持ちをしなくても、バンドだけの収入で生活が出来るようになる事を目標にしている人もいれば、4大ドームツアーが出来るようになる事を成功と定めている人もいるでしょう。

大勢のファンがいて、オリコンチャートの上位の常連になれば、立派な「売れている女性ヴォーカルバンド」として、誰しも認めてくれるでしょう。

では、ここでは「毎年、全国ツアーで中ホール以上の会場を埋める事が出来るくらいファンを集められる事」と定義しましょう。

女性ソロアーティストやアイドルグループの名前は、数多く挙げる事が出来ますが、女性ヴォーカルバンドの数はあまり多くはありません。

ウィキペディアに掲載されていた、日本武道館でライブを行った女性ヴォーカルバンドは

  • プリンセスプリンセス
  • チャットモンチー
  • Poppin’Party(声優ガールズバンド)

の3グループのみでした。

もちろん、他にも日本武道館でライブを行っている女性ヴォーカルバンドはいるでしょう。

また、他の大きな会場でライブを行ってる女性ヴォーカルバンドもいるでしょう。

しかし、圧倒的に男性ヴォーカルバンドの方が多いという現実があります。

バンドは男性ヴォーカルの方が有利?

バンドは、パワフルで荒々しく激しい物です。

バンドの特性を考えると、女性ヴォーカルバンドよりも男性ヴォーカルバンドの方が有利と言えます。

しかし!!当然、女性にしか出せない魅力も沢山あるので、女性ならではの魅力を発揮できれば、男性にも決して負けません。

男性ヴォーカルの方が有利と考えずに、女性ならではの強味を活かしましょう。

ズバリ!女性ヴォーカルバンドが成功する方法

女性の魅力を前面に出す

男性とは異なる女性の魅力とは、どのような事があるのでしょうか?

可愛らしさ・華やかさ・色気などが挙げられます。

■可愛らしさ

まずは、衣装や髪形などで表現する事が出来ます。

可能であれば、セットや照明なども可愛くて華やかにすると、男性には出せない魅力を出す事が出来ます。

バンドのパワフルなイメージと可愛らしさのギャップを上手に使うと、女性だから出せる魅力で成功へ導くことが出来るのではないでしょうか?

勘違いしてはいけないのは、アイドルの可愛らしさとバンドの女性ヴォーカルとしての可愛らしさは、全く別物です。

例えるなら、JUDY AND MARY のユキさんのような可愛らしくて、魅力的な声やルックスです。

笑顔を振りまいて、ウインクする可愛らしさは、バンドの女性ヴォーカルがやってしまうと、かなりのブーイング間違いなしなので、ご注意下さい。

■色気(セクシーさ)

バンドのイメージと最もマッチする女性ならではの魅力は「、セクシーさ」です。

女性の持つ色気とロックバンドの強さは、絶妙に絡み合う事が出来るので、最強の強みとなる事が出来ます。

男性は、妙に女性の強さに惹かれてしまうところがあります。

また、女性ヴォーカルの色気は、男性に媚びるイメージのあるアイドルよりも、はるかに女性からも支持されます。

バービーボーイズのヴォーカルのkontaさんと杏子さんは、どちらもハスキーヴォイスが特徴です。

しかし、なんと言っても杏子さんのセクシーさは、最強です!

■華やかさ

そもそも「華」という言葉自体が、男性よりも女性に対して使われる単語です。

「華がある」「華やか」という言葉で形容される男性は、フィギュアスケートやバレエなどあまり多くはありません。

華やかさは、女性が持っている強味なので、これを活かさないのはもったいないです。

華やかな衣装を身にまとってパフォーマンスをすれば、女性ヴォーカルならではの魅力を出す事が出来ます。

結論「女性らしく=ありのまま」

女性ヴォーカルのバンドが売れる為には、男性に対抗するのではなく、ありのままの姿で表現すれば良いのです。

女性が力で男性に対抗しようとしてもなかなか難しいように、男性が女性らしさで女性に対抗することは難しい事です。

歌唱力や表現力は、男性も女性も関係ありません。

自分の魅力は何なのか?改めて考えて、その魅力を最大限に生かして、武器にしましょう。

パフォーマンスや表現を自分らしくする事で、女性ヴォーカルのバンドも、きっと成功する事が出来ます。

まとめ

女性ヴォーカルバンドが成功する方法をご紹介しました。
活躍しているバンドの多くは、男性ヴォーカルが多い事は確かです。
しかし、女性ヴォーカルバンドでも成功している人達は大勢います。
男性と比較する必要はありません。
音楽には国境も無ければ、性別もありません。
自分の魅力に気付き、それを最大限に生かすことが出来れば、きっと成功する事が出来ます。