ある程度上手いんだけど、更に「胸にズキーン」届く歌を唄う方法

カラオケは上手い!バンドで、歌うとちょっとパワーダウン。ある程度上手いんだけど、「胸にズキーン」とこないヴォーカルが更にステップアップするためには・・・実は、自分の段取りで行き当たりばったりで歌っているかもしれません

自分の段取りで行き当たりばったりで歌っているかもしれません。

技術的な基本チェック・ポイントとして

  1. ピッチ
  2. 滑舌
  3. リズム

先に進まない自分に悩む前に…

小さい時から歌が大好きでって人ほど、苦労なく歌えちゃうもんですから、いま一度リズムを確認しましょう。 大枠こういう場合は、

裏手拍子しながら歌えない事が少なくないです。

試しに、自分の好きな曲をアカペラで、裏手拍子しながら歌ってみましょう!

八符裏手拍子しながら歌う、個人練習を重ねましょう。

カラオケは上手い!バンドで、歌うとちょっとパワーダウン。ある程度上手いんだけど、「胸にズキーン」とこないヴォーカルが更にステップアップするためには、リズムを鍛えましょう!!

https://apps.apple.com/jp/app/tempo-metronome-metoronomu/id304731501

勿論、クリックと一緒にアカペラで歌うとより技術がUPします。

集中して練習すれば、1週間位でできます。

おすすめアプリ:Tempo - Metronome メトロノーム
https://itunes.apple.com/jp/app/tempo-metronome-metoronomu/id304731501?mt=8

意識して歌うポイント

  1. 歌い出しの頭
  2. 息継ぎ
  3. 歌い終わりの処理

細かい「歌い方段取り」を、詰めてみるのも次のステップに繋がります。

#滑舌が上手になる方法