アーティストとミュージシャンの違いは?完全に別物なの?

辞書的な意味で考えれば「アーティスト」という言葉と「ミュージシャン」という言葉には大きな違いがありそうですが、実際のところはどうなのでしょうか。明確な定義はあるのでしょうか。「国内外における両者の使い分け」についても併せて解説していきますが、そもそも本当に「使い分け」はされているのでしょうか。

アーティストとミュージシャンの違いは?

アーティスト:芸術家、職人、音楽家などなど

ミュージシャン:音楽家

アーティストと聞くと「現代美術」を想像する人もいるかもしれませんが、広い意味で言えば「刀鍛冶」などもアーティストに分類できそうです。

一方、ミュージシャンと言えば「音楽に携わる人」のみですよね。

「ミュージック」から来る言葉なわけですし、当然と言えば当然です。

そして、「ミュージシャンはアーティストの一部」と言えそうです。

「サッカー選手はアスリートの一部」というのと同じノリですね。

また、

「このバンドはミュージシャンだけれど、アーティストではない」という分類はできなさそうです(お前の音楽には芸術性がないな!などの皮肉は別として……)。

ミュージシャンの定義について深く考えると?

「音楽に携わる人」とは言いましたが、

  • 日本の伝統的な音楽に関わる人(琴、民謡、三味線、演歌などなど)
  • クラシック関係の人

などはミュージシャンとは言わない場合が多いです。

特に「日本の伝統音楽」と「横文字」は全然マッチしない感じがしますしね。

やはり、「バンド」がミュージシャンの代表格でしょうか。

もちろん、ミュージシャンに分類されるから偉い、分類されないからカッコいい……などのことを言いたいわけではないのでご了承ください。

アーティストの定義について深く考えると?

やっぱり「芸術全般における専門家」というのがアーティストの定義だと思います。

正直、これ以上説明すべきことはないような気がします。

(『芸術の定義』というまた別の難しい問題が生じそうですが……

ただ、「あるバンドに頼まれて、演奏をサポートするメンバー」は「自分で発信しているとは言いにくい」せいか、アーティストとは呼ばず、ミュージシャンと言う場合が多いですね。

どうしても別の言い方をするのであれば、むしろ「職人」などが近いような気がします。

日本ではアーティストとミュージシャンはどう使い分けられている?

日本国内ではアーティストとミュージシャンという言葉がどう使い分けられているのか。

これに関しては、

「きちんと使い分けられているわけではない」というのが答えだと思います。

(もちろん『音楽に関係のない芸術家』をミュージシャンと言うことはさすがにありませんけどね)

一昔前までは、日本ではバンドなどの事を基本的に「ミュージシャン」と呼んでいたそうです。しかし、主にメディアが主導になって、ミュージシャンのこともアーティストと言うことが多くなったそうです。

ミュージシャン:音楽に関わる人

アーティスト:芸術を生み出している人

と考えると、なんとなくアーティストのほうがカッコいいので、そのまま定着したような気がしますね。

ただ、なまじカッコいいせいで、バンド自身が自分達を「アーティストです!」とは言いにくいという側面はあると思います。

外国だとアーティストとミュージシャンはどう使い分けられている?

外国の場合は、「言葉の意味どおり」という感じです。

音楽バンドのことを「アーティスト」と呼ぶことはあまりありません。

「アーティストはアーティストだけど、ミュージシャンのほうが明確だしミュージシャンと言おう」というノリ。

ただし、「会話の流れの中で『それが音楽家を指していると分からない』なんてことはほぼない」ので、実際には音楽バンドもアーティストと言われることが少なくないようです。

日本よりはちゃんと使い分けているけれど、そこまで厳密じゃないという感じでしょうか。

グダグダになってきたのでまとめます

記事が中だるみしてきたので再度まとめますが、

アーティスト:芸術家、ただし普通に音楽家を指すことも多い

ミュージシャン:音楽関係の人のみ

両者との違いと言うと、これに尽きます。

正直なところ明確な定義なんてないので、なんとなく使っていきましょう。

そもそも日本人は、「外国語を微妙に本来とは別の意味で置き換えて使う」ことが多いので、考えれば考えるほどドツボにはまるかもしれません。

アーティストやミュージシャン以外の呼び名もある

また、アーティストやミュージシャン以外の呼び方をすることもありますよね。

歌手:歌う人(バンドのことをザックリ歌手と言う場合も)

シンガーソングライター:基本的に作詞作曲も全部自分でこなす歌手

歌い手:ユーチューブやニコニコ動画に歌の動画を投稿しているアマチュア歌手

といった感じでしょうか。

でも、本来の言葉の意味を考えれば「歌手」も「歌い手」も一緒ですよね。

しかし、例えばメジャーな歌手やバンドを「歌い手」と言うことはあまりないはずです(ちょっと不自然に聞こえますよね)。

もちろん、これらに関しても明確な定義があるわけではありません。

まとめ

アーティストとミュージシャンの違いを説明しました。両者は完全に別物というわけではありません。「ミュージシャンはアーティストの一部」と考えるのが最も自然ですね。ただし、国内外ともにアーティストとミュージシャンという言葉を明確に使い分けているわけではありません。まあ、深く考えないほうが良さそうです。