マルチエフェクターの音作りのポイント!


98367_2931

エフェクターでの音作りのポイントは、

「これでいいか!」って作った音から
エフェクトの成分を10~20%減らす!!

特に、
歪み系は、自分が弾いて気持ちいいなぁ~~から、
15~20%くらい歪み成分を減らす。
高校生男子バンドのLIVE等で、よくお見かけするのですが、
とても、上手で早弾きもできているのに、
「歪み過ぎ」が少なくありません。

105366_5631自分のその日の調子が悪いと、ついつい、自分を盛り上げるために

「歪み成分」UPしちゃいます。
その気持ち大変分かります。
ただ、ものには限度ってものがあるんです。

お得な賢い方法あります。

 

マルチエフェクターの場合、気に入った工場出荷時の音から、エフェクター成分を10~20%減らす!
特に、歪み、リバーブ、コーラス、コンプ等は、エフェクトの機能を解り易く伝えるためオーバーエフェクト気味に作られてます。
ですので、お気に入りの音色があった場合、ディレイタイムを整えて、エフェクト成分を減らす。

この方法はお勧めです。

もっと、詳しくお伝えしたいのですが、
また、次回細かい音作りはご説明させてください。

バンドでステップアップするコツとして

音作りが、とても大切

という事を
心に刻んで頂けますと幸いです。