【悩み】BANDあるある。歌いだしを忘れてしまうボーカル。あがり症?パフォーマンスに夢中?

バンドの顔とも言えるボーカル。そのヴォーカルが、イントロからの歌入りを間違えてしまうのは、かなりダメージが大きいですよね。「それを売りにする!」というのも1つの手ではありますが、願わくばなんとか改善したいところでしょう。いっその事、ボーカル交代?!その前に、これからご紹介する方法を試してみませんか?

原因究明

曲の歌いだしは、印象に残る部分です。上手くても下手でも印象に残ってしまいます。

まずは、なぜボーカルが歌入りを間違えてしまうのか?原因をはっきりさせましょう。

1.あがり症

緊張してしまうと、普段出来ることも出来なくなってしまう事が誰でもあります。ライブで大勢のお客さんを前にすると、つい緊張して頭が真っ白になってしまう事もあるでしょう。

2.パフォーマンスに夢中になって入りを忘れる

特に、ライブ中に起こる事ですが、盛り上がってしまい、つい歌いだしを忘れてしまうという事があります。

3.盛り上がった後で入りを忘れる

前の曲で盛り上がりすぎて、次の曲で脱力してしまい歌いだすことを忘れてしまうパターンです。

4.リズム感が悪い

ボーカルとしては、かなり致命的ですが、リズム感が悪くて単純に歌いだしがズレてしまって入れない。

対処方法

どんな事にも、解決策はあります。原因別に解決の仕方を見ていきましょう。

1.あがり症の場合

場慣れするのが一番です。人前に出る事が苦手な人でも、何度も経験することによって、ほとんどの場合慣れてきます。バンド活動以外でも、人前に出て発言する場を増やすようにしましょう。どんどん度胸が付いていきます。

また、「失敗してもいいや」と気楽に考えることも大事です。他のメンバーもプレッシャーをかけないようにしてあげて下さい。

2.パフォーマンスに夢中になって入りを忘れる場合

ライブ中、パフォーマンスに夢中になると言うことは、それだけ盛り上がっているという事なので、1曲くらい間違えてもさほど気にすることはないのですが、他のメンバーが一声掛けることで、冷静になれるでしょう。

3.盛り上がった後で入りを忘れる

ボーカルの人が、自分の世界に入りやすい性格なのではないでしょうか?前の曲で盛り上がって脱力しているようであれば、次の曲に入る前に少し間を開けて、ボーカルのタイミングで次の曲に行くようにしましょう。

4.リズム感が悪い

リズム感が悪くて入りを間違えてしまう場合には、反復練習をしましょう。地味ですが、効果的です。

最初は、自分でうまく入れない時には、メンバーに合図してもらう所から始めましょう。

次に自分でカウントして何度も何度も繰り返し練習すれば、入れるようになります。

まとめ

初めて聞く曲は、イントロからの入りがとても重要です。大きなフェスに初めて参加したとします。初めて見るバンドがいきなり入りで間違えてしまったら、お客さんの印象は悪くなってしまいます。良くも悪くも印象には残りますが、そんな印象の付け方はしたくないですよね。

まずは原因究明をして、ご紹介した改善方法をぜひ試してみて下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

CHIHIRO

専業主婦でライター。子供がまだ小さいので、作業は夜。ひとりの時間に浸りつつ「音楽」「映画」を中心に「ライフハック」に関わる記事をお届けしております。