脱ブラックバンド生活!

バイトをしながらのバンド生活の難しさと戦っている人は大勢います。バンドの事を一番に考えて、売れるためにとにかくバンドのために時間もお金も使って、「自分の全てをバンドに使いたい!」でも、生活をするためにも、バンド活動を続けるためにも、お金が必要です。バンド中心の生活がしたいのに、バイトにも行かなければならないという現状、どうすればいいのでしょうか?

時間がない!

人間は不平等な事が多いのに、1日の長さは24時間である点においては平等です。バイトに時間を取られると、バンド活動に支障が出てしまいます。

例えば、ライブ前なのに十分な集客活動が出来なかったり、急にオーディションが舞い込んでも、バイトを休むことが出来なくて、オーディションを受けることが出来ないなど、バンド活動にはかなりネックになってしまいます。バンド活動を優先したくても、バンド優先でシフトを入れてくれる職場は、なかなか無いでしょう。これでは、せっかくチャンスがやってきても、つかみ損ねてしまうかもしれません。

お金がない!

バンド活動をするためには、お金が必要です。それ以上に、生活するためにもお金が必要です。

バンドだけでは食べていけない。となると、バイトしなければならない。バイトに時間を取られて、練習する時間さえない。という負のスパイラルに陥ってしまいがちです。

バンドマンにとって、時間の使い方とお金の使い方・稼ぎ方はとても重要なのです。

まずは節約!

バンド活動に必要なお金、スタジオ代やライブ会場代、楽器のメンテナンス、ボイストレーニングなど、削れない部分は沢山あります。

生活を切り詰めるしかありません。さすがに、4畳半一間・風呂なし・トイレ共同の部屋は、探す事さえも難しいかもしれません。フォークソングに出てきそうな生活をしなければ、バンドを続けることは出来ません!!とも言いません。

少し、工夫をしましょう。

1.まかない付きのご飯屋さんでバイトすれば、1食浮く。(余り物をもらえる事もあるかも?)

2.バンド活動の中心地の近くに住んで、交通費を浮かせる。都心でも駅から遠い場所なら、お得な物件があります!移動時間も節約できます。

3.移動は、出来るだけ自転車もしくは徒歩にしましょう。バンドマンにとって体力も必要です。体力もついて一石二鳥です。

4.便利だけどコンビニは利用しない!コンビニの商品は高いので、商店街の安いお店を探しましょう。

5.おおまかなお金の管理をする。水道光熱費、食費など何にいくらかかっているのか、自覚しましょう。

まとめ

時間とお金の使い方は、どんな職業の人にとっても難しい問題です。しかし、本当にやりたい事があるならば、何を優先すべきか考えましょう。また、少し工夫をするだけで、生活を変えることが出来ます。塵も積もれば・・・です。

今は辛い節約生活でも、「売れたら贅沢してやる!」と思うと、モチベーションも上がるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

専業主婦でライター。子供がまだ小さいので、作業は夜。ひとりの時間に浸りつつ「音楽」「映画」を中心に「ライフハック」に関わる記事をお届けしております。